婚約指輪のオーダーメイドは重ね付けも考慮したデザインがおすすめ

婚約指輪のオーダーメイドは重ね付けも考慮したデザインがおすすめ

婚約指輪は、結婚指輪と比べても宝石が使用されていたり、華やかなデザインの指輪が多く日常使いに向かないとついついしまい込んでしまいがちです。
そんな悩みを解決してくれるのが、婚約指輪をオーダーメイドで注文し日常的に使いやすくなるように重ねづけを考慮したデザインに仕上げる方法です。
婚約指輪といえば爪で大きめの宝石を目立たせるデザインなどが定番ですが、華やかすぎて日常使いに適していない場合が多いです。
しかしオーダーメイドで最初から重ね付けを考慮したデザインに仕上げることで、シンプルな結婚指輪や普段使いしているカジュアルリングとも合わせやすいフラットなデザインにすることも可能です。
作成する際に結婚指輪や一緒に重ねて身に付けたいリングを想定してデザインを考えるようにすると、色々な場面で婚約指輪を活躍させることができるメリットがあります。
オーダーメイドする際には、身に付けたいシーンをデザイナーに伝えると、色々な指輪の組み合わせが楽しめるようになります。

婚約指輪はいろいろなことを想定して選ぶことが大事です

男性にとって好きな女性にプロポーズすることは、清水の舞台から飛び降りるほどの覚悟が必要な行為です。
女性に振られてしまったら、求婚を受け入れられなかったら、今までのお付き合いがすべて水の泡になりこの先どうやって一人で生きていくべきか混乱してしまいます。
もし絶対に婚約を受け入れてほしければ、女性を魅了し心をとらえて離さないインパクトのある婚約指輪を用意してプロポーズすべきです、まばゆい大粒の強烈な輝きは、男性の覚悟と誠意を象徴します。
それがわかれば女性はキット求婚を受け入れるでしょう。
男性が婚約指輪を購入する際には、女性を魅了する輝きのダイヤモンドを選ぶ必要があります。
それにはダイヤモンドの4C基準を高水準に満たすものを選ぶことが大事です。
さらに一生身に着けるものであるので、デザインも普遍的でトレンドに流されないものを選ぶことも大事になります。
そしてマリッジリングとの重ねづけでも調和するなど様々なことを想定し購入しなければいけません。